日本全国の美味いものを喰いたい

外国にはあまり興味がない。その理由は美味しいものがないからだ。

ある程度年を取ってわかったことだが、俺は美味いものを食べることが好きなのだ。

外国で食べたいものとなるとスペインのハム、イタリアのパスタ、久々にイングランドのフィッシュアンドチップス、それぐらいか。

しかし日本には全国津々浦々うまいものがある。

北海道の海の幸。

新潟のお米。

富山の白エビ。

千葉のはまぐりや伊勢海老。

大間のまぐろ。

宮城のさんま。

九州のとんこつラーメン。

香川のうどん。

三重県の松阪牛。

書ききれないほどうまいものが全国にあるのだ。

なので、それを各都道府県をまわって1つでも食べまわると、相当の時間がかかる。

人生において時間は有限だ。

そのグルメ旅をする時間を余生でするのは体力的に大変だから、元気に動き回れる40代や50代で叶えたい。

一番の働き盛りに、この夢を叶えるのに必要なもの。

時間とお金。

これをどう捻出するか。

答えはかんたん。

どこにいてもお金が入ってくるシステム作りと、それによって入ってくるお金。

これができればいい。

そしてこれを叶えるポイントは期限を決めること。

いつか行きたいではいけない。

いつ行くために、こうする。

それを中期目線、短期目線でも考える。

大きく全体をみて、細かく設定する。

俺は絶対に全国グルメ旅を40代で叶える。jメール 熊本